ピルという存在自体は誰でも知っているとは思いますがほとんどの方が避妊できる!としか思っていないはずです。こちらではピルの避妊以外の効果や副作用、ピルの種類など載せていきますので参考にしてみてください。

説明する女性の写真

ピル服用で体重に違和感が

ピルといえば避妊薬というイメージが強い薬です。
このイメージが強すぎるあまり、「できるだけ飲みたくない」と、抵抗を感じる女性も少なくありません。

ですが、最近は避妊目的だけでなく生理不順や月経困難症、ニキビの治療など幅広くピルは処方されています。
ピルは女性が感じやすい、ホルモンバランスの乱れによる様々な不調を改善する薬でもあるのです。

ただ、ピルを飲むと太るというウワサもあります。
実際、服用する事によって体重に違和感を感じる事はあるのでしょうか。

女性は毎月、女性ホルモンのバランスが変化します。
排卵前には卵胞ホルモンが、排卵を起こすと妊娠しやすい体質に変える為、黄体ホルモンという女性ホルモンが分泌されます。
この2つの女性ホルモンが増えたり減ったり、波のように繰り返す事で、毎月の生理がやってくるのです。

ピルには人工的に作られた、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。
2つの女性ホルモンが体の中で一定数あるので、服用すると排卵する事がありません。
この効果によって避妊の効果を得るのです。

卵胞ホルモンと黄体ホルモン、これらのホルモンが同時に分泌されるのは妊娠中のみです。
ですので、ピルを飲んでいる間、体の中のホルモンは妊娠している時と同じになります。

個人差はあるものの、妊娠中のように食欲が増進し太ってしまうケースもあるようです。
また、一時的にホルモンバランスが変わってしまう為、むくみによって太ったと感じる方もいます。

必ずしもピルを服用したからといって、太るという事はありません。
最近は低用量のものが主流ですので、副作用もほとんど起こり難くなっています。
また、太っても1キロから2キロ程と、通常のダイエットで減らせる範囲内という場合がほとんどです。