ピルという存在自体は誰でも知っているとは思いますがほとんどの方が避妊できる!としか思っていないはずです。こちらではピルの避妊以外の効果や副作用、ピルの種類など載せていきますので参考にしてみてください。

説明する女性の写真

東京でピルの用途は果たしてあるのか

東京は日本の首都であり、世界有数の裕福な街です。
地方から様々な人々が集い、有名大学に大手企業、国際的な物流拠点、グローバルな外資系金融機関や企業が軒を連ねています。
裕福な街であるためか、財政危機が叫ばれる日本の中でも女性への福利厚生サービスが充実しているのです。
各種の健康診断や病気治療には助成があり、保険証を提示すれば世界一の医療サービスを格安で受けられます。

また女性向けのクリニックも東京都内には豊富です。妊娠や避妊に関する相談も気軽に行えますし、都内の学校で男女双方への性教育が細かく実施されています。
いわゆる望まない妊婦になる女性が地方の街に比べて少ない、というのが東京都の大きな特徴となります。
特に性教育が行き届いており、コンドームを装着してセックスするのが常識となっているため、東京は他国の首都に比べてエイズ感染や望まぬ妊娠による中絶がとても少ないのです。

そのため最近では東京都でのピルの用途は殆ど無い、といった意見さえも飛び交っています。
確かにコンドームを細かく使用すれば、妊娠の確率はほぼゼロに出来ますので、
わざわざコストを支払ってピルを飲む必要はありません。
しかし、東京都の人口集中率を考えれば依然としてピルの用途は減りません。
有り体に言えば東京都には世界有数の歓楽街があり、そこで働く女性は万が一のリスクに備えて低用量ピルを常用なさっています。
また、日本製の高品質なコンドームも時には予期せぬ破けや破損が発生します。
一般のカップルの間でも、女性側が妊娠を完璧に避けるためにゴムと併用する形で低用量ピルを飲む事があります。
特に現代の東京では妊娠によって、マタハラ等を受ける事もありますので、
働く女性にとって、計画外の妊娠は避けたい出来事ですので、ピルの需要が減る事はまず無いでしょう。